忍者ブログ
ADMIN
ジェニーが描いた絵手紙&頂いた絵手紙
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ことばのヒント絵手紙365日

内容
絵手紙は、絵をかいて、短い言葉を必ず添えます。
「文は人なり」というようにかかれた言葉は、その人の心境や思いを反映しています。
その時、どんな風に相手のことを思っているのかまでも伝わります。
かきためた絵手紙の中から、絵手紙のヒントになる言葉を選んで12ヶ月365日に分けて、ここに集めました。

著者略歴
大森節子
1942年1月岡山市生まれ。1991年10月日本絵手紙協会会長、小池邦夫先生に師事。現在、日本絵手紙協会評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


PR
プロフィール
HN:
ジェニー
HP:
性別:
女性
著作:
★ここに掲載してある全ての画像、文章などの使用・転載・持ち出しは固くお断りします。

★「頂いた絵手紙」に掲載している絵手紙の著作は、絵手紙を描かれた方に帰属いたします。
絵手紙とは...
絵手紙とは絵を描いたハガキに短い言葉を添えたものです。 「絵手紙」のモットーは「下手でいい下手がいい」自由にすることが面白い絵手紙となり、大きく描くということがのびのびした画風をつくる秘訣だといいます。 「下手でいいのかぁ〜 それならジェニーにもできるぞぉ!!」って感じ。 最初の頃は家の庭に咲いている花や葉っぱ、冷蔵庫に入っている野菜や果物。夕飯の食材。。。 そのうちティシューペーパーや置き物など身近にあるモノを描きまくりました。 モットー通り下手ですが是非ジェニーの絵手紙を見て下さい♪ ここの所しばらく描いてなかったのですが、ここで作品を紹介できるようにまた描きはじめようと思っています。
ブログ内検索
バーコード


nyaoチャ箱♪
* ILLUSTRATION BY nyao *
忍者ブログ [PR]